こんにちは、ポン太です。

今年も残すところあと3日。

昨日のコハルさんと、とらじろうさんと共にカウントダウンコメントから始まりました。
本当に悔いなく今年を終えられるかしらと思いつつ、大切に、前向きに過ごしていきたいと思います。

さて、今日は「富山とは」の第二弾。
皆さんに富山をもっと知っていただこうとのこの企画。
今日は、富山からの石川、福井について。
是非、読んでいただけると嬉しいです。


富山1地区は富山県はもとよりお隣石川県にも信者さんがいて2県にまたがり行動させていただいています。

なので、会合などがあると、富山の信者さんや石川信者さんが集まります。端から端までになると結構な距離があります。

数年前までは福井の班も長野礼拝所で一緒に行動させていただいていましたので、北陸3県がそろっていた時もあるんですよ。

さて、石川県は金沢市にお住いの信者さんが多いのですが、長野礼拝所や本部に行く時にかかる移動時間が富山の信者さんと比べると約1時間、長く時間がかかります。

本当に大変だと思います。頭が下がりっぱなしです。ありがとうございます。

金沢市といえば、「加賀百万石」で有名な情緒あふれる古都。
観光地も多く、兼六園や金沢城、古い町並など見どころもたくさん。金沢駅も大変立派です。
お菓子文化も素晴らしく、おいしいお菓子もたくさん。あのパティシェの辻口さんも石川県出身です。
おいしいお魚も多いですよね。特にのど黒は最高です。

富山にお越しの際は是非金沢にも足を延ばしていただき観光をしていただきたいです。

北陸三県。

加賀百万石を感じさせる和菓子や高級魚のど黒の印象が強い石川県。
厚揚げやソースかつ丼が有名な福井県。
寒ブリや白エビなどの海の幸やブラックラーメンがおいしい富山県。

そんな北陸3県には共通したソウルフードがあります。
その名も
「八番らーめん」
それはもう、昔から、ラーメンといえば八番。
ファミレスのように気軽に入れる八番。
生協でも買える八番。
あっちこっちにある八番。

わざわざ富山まで来て、ブラックラーメン以外のラーメン?
なんておっしゃらす゛、スタンダードなその味に舌鼓を打っていただきたいです。
野菜ラーメンなんて、野菜でモリモリです。なかなか麺にたどり着かない。

ちなみに、CMもバンバン流れています。
その中で「なんでやろ、八番」ってセリフがあります。
なぜかわからないが、八番に来てしまう。食べてしまう。そんな気持ちを表しているセリフ。

身近にいる北陸出身者に

「なんでやろ」

と言ってみてください。

かなりの確率で

「八番」

と返してくれると思います。

試してみてください。