霊波之光 長野礼拝所青年部

霊波之光長野礼拝所の活動を紹介するブログです。
長野県、富山県、山梨県、石川県からの情報をお伝えさせて頂きます。

2017年06月

こんばんは、麦太郎です。ご訪問ありがとうございます。

梅雨らしいと言えば梅雨らしいのですが、たいして雨も降っていないのに湿気が多く
不快指数MAXな毎日です。
近所のワンちゃんもダラダラとしています。

若い頃は痩せていたので感じなかったのですが、太ってきた今では暑さが苦手になり
動きは常にスローモーションになっています。

なんか愚痴っぽいブログになってしまいました。(御教えに反してる)

気持ちを切り替えて・・・・・

明後日は班の方たちと長野礼拝所での御生誕前夜祭に参加いたします。
大勢の方が集まって盛り上がるといいですね。

晴れのような曇りのような雨のような今日の空です
IMG_3840[1]



今晩は、ポン太です。

ちょうど1か月後、二代様の御誕生祭ですね。
長野礼拝所も協力地域として御誕生祭に参加いたします。
今から、楽しみすぎてニヤニヤです。

実はポン太、二代様の御誕生祭は1度だけお席をいただいた過去があります。そのことは今でも忘れられないです。素晴らしくて、素晴らしくて。
何年もたつのに、とても色鮮やかに心に刻まれています。

その後は誘導の御奉仕などもさせていただく事はなく、二代様の御誕生祭はもっぱら地元で大布教に参加させていただいていました。

布教も楽しいのですが、
今年は、日頃の感謝も込めて二代様に喜んでいただけるよう、全力で頑張ります。

うほー、楽しみです。

以上ポン太でした。


みなさんこんにちは
とらじろうです

相変わらず、毎日予定ビッシリ、タイムスケジュールモリモリのとらじろう
家でのんびりする時間はほとんど無い日常です

なんでこんなに時間がないのかなぁ〜 なんでこんなに時間がないのかなぁ〜 時間がいくらあっても足りない と嘆いている日々ですが、ふと、思ったのです・・・

"のんびりする時間が無い"

これって、毎日が充実している証拠では

もし、お仕事三昧でプライベートの時間が取れない人がいたとしたら、それは苦しいと思いますが、とらじろうの場合は、仕事とプライベート両方で、忙しい日常なので、充実ですよね

仕事が休みの日、もし、誰も声をかけてくれる人がいなかったり、または、こちらがお誘いしても応じてくれる人がいなかったら、家でのんびりする時間はできたとしても、寂しく孤独な気持ちで毎日を過ごすかもしれません

遊びたいと思っても遊んでくれる人がいなければ独り

だからこうして、毎日関われる人がいて、声をかけてくれる人がいて、また、こちらの声かけに応じてくれる人がいることは、本当に幸せなことだと感じました

人と人との関わり、ふれあいとは、幸せの証

そのことに感謝を忘れず、忙しいことを喜びと感じていきたいと思いました

そして、忙しく動ける健康な体をいただいていることにも感謝なのですよね

例え今は健康ではなくても、忙しく動ける体をいただいている人も、感謝ですよ

すべてに、感謝を

感謝する心は何よりも強いと聞いております

感謝できる純粋な真心こそ、霊波をいただける清い心だと思います

よーし

今日も明日もあさっても
喜びで忙しく動き回るぞーーー

とらじろうでした

こんばんは!
コハルです🌼

先週は風邪でダウンしていました。
更新出来ず、申し訳ありませんでした。
しかし、とらじろうさんの言う、驚異の回復力で1週間で治りました👍🍀
ゆっくり休ませていただくことができ、感謝です✨

昨日の朝方、長野県で地震がありました。
揺れというより、警戒音に驚き、怖かったです。
しかし、とっさにお祈りができました。
そして、御守護神様、二代様がついていてくださるから大丈夫!と思えました。

そして、すぐに震源地近くの知り合いに連絡をとりました。
おつながりしている方は、大丈夫と思えます。
一日でも早く、大切な方がおつながりできるよう、
お導きできるよう、私自身が日々御教えに沿いあゆむことが大切と思いました。

前進あるのみ✊✨

降ったと思ったら1日だけでした。

こんばんは麦太郎です、梅雨入りしてからやっと雨が降りました。
降りすぎて被害が出たところもあるようですが、麦太郎地方は埃押さえ程度しか降らず
農家の方は残念がっていました。

果実は雨が少なく日射量が多いと甘くておいしくなるのですが、水分不足で大きく成長しません。
反対に雨が降りすぎて日照不足になると実が大きくなるのですが、糖度不足になりおいしくありません。

いずれにしろお天気は人間様の思い通りにはいかないようです。

蒸し暑くて過ごしにくい季節になりましたが、二代様御誕生祭に向けて頑張っていきましょう

↓収穫間近の早生桃です
IMG_3829[1]



このページのトップヘ