みなさんこんばんは
とらじろうです

とらじろうは、お片付けが苦手です
怠け者な性格が災いしているせいもありますが、一番の問題は、
“捨てられない性分”
ということです

『コレにはこんな思い出が・・・
という、過去への執着や、

『取っておけば何かに使えそう
『いつか何かの役に立つかも
という気持ちから、なかなか捨てられません

何度か断捨離を試みるも、要る物と要らない物を分別してみると要る物が多く、捨てられる物が少ないため、片付きません

どうしたらいいんだと頭を抱えていたのですが、最近、ある方がアドバイスをしてくださいました


幸せは生ものだから、手の中でずっと持ち続けていると腐ってしまう。
手の中の幸せに感謝をしたら、ありがとう、って手放していく。
そうすると新しい幸せが入ってこられる。



まさに、二代様のおっしゃっている、
“執着をしない”
“整理整頓”
ですよね

整理整頓を始めても、思い出に執着し、捨てられずに結局部屋が片付かないままのとらじろうですが、物を捨てたら思い出が消えてしまうわけではないですもんね

愛車を手放した日に家族が言ってくれた言葉
『ありがとう、って感謝でお別れしたからそれでいいんだよ
本当、これですね
感謝して、次へ

自分が、その時々に応じた幸せを手に入れていく為には、物を両手いっぱいに抱えたままではいけない
執着は、幸せを遠ざけてしまう
執着する心により、幸せが入ってこられない体を作っていたのは自分自身だったと気付かせていただきました

・・・とは言っても断捨離は試練
物欲、思い出、葛藤で、自分自身との戦いですが、今度こそ頑張ってやってみます

長文お読みいただきありがとうございました

とらじろうでした