新年明けましておめでとうございます

いつも長野礼拝所青年部ブログをご覧いただきありがとうございます
コハルです

2020年、
ブログの文字色を変えたり、動く絵文字を使えるようになりました(笑)


霊波106年がスタートし、もう4日が経ちましたが、
みなさん、今年の目標、年頭所感は書きましたか

コハルは、今年のテーマを『 真心』にしました

もう一度、人のためにということをしっかりと見つめ直し、
その人を思い声を掛け、手を差し伸べ、時には待つ。。。

どうもせっかちなところがあるコハル
先の予定を立てようと焦ってしまったり、
予定通りにならないと不安になったりすることもたまにあります

でも、そんな自分ではいけないと思い、
自分のペースではなく、
相手のペースに合わせる、
そのために、ふれあいや話をすることは大切にして、相手を理解し、大切にしていきたいと思います

昨年、たくさんの周りの方にお世話になったからこそ、改めて大切に想い、接していきたいと思いました


そして、あゆんでいると、「思い通りにはならなかったけれど、結果としてそれが良き道だった」ということがよくあります

以前、本部参拝の帰りに、ふと道中の青年部員さんのお家へ寄ったことがありました。
帰りで少し日も傾き出した頃でしたが、本当に思い立ってアポなしで急に…だったのですが、
部員さんのお家では快く受け入れてくださいました

そして、その部員さんはその日礼拝所に参拝したのですが、朝から首が痛くて、それでも長野礼拝所まで片道一時間以上の道を運転して行くと、帰ってきた頃には首が動かなくなってしまったというのです

首が痛いと言いながらも、いろいろなお話を楽しくさせていただき、笑顔で帰路につきました。

帰りの車内、一緒に行った方と
「部員さん、首が痛いと言っていたけど、始めは動かなかった首が、帰る頃には左右に少し動き出していたよね?きっと大丈夫だね
と話しながら帰りました

すると、家に着いた頃に部員さんから電話がかかってきて、
「二人が帰ってから首の痛みが軽くなっていて、動くようになったんだよ!明日は仕事にも行かれそうだよありがとう
と嬉しい言葉を聞くことができました

きっとあの時思い立ったのは、御守護神様が必要として行かせてくださったんだね
と話し喜びあいました


この体験を思い出す度に、
思い通りにならないことも、
突然思い立って動くことも、
祈りとあゆみの中なら必要なことだと感じます
そして、御守護神様、二代様に必要とされてあゆむこと、
その中で大切な人が喜びをいただくことほど幸せなことはありません

それを忘れずに、
常に前向きの心で、真心をもって一年過ごして行きたいと思います

本年もどうぞよろしくお願いいたします


最後に、新年の綺麗な常念岳の写真をどうぞ

20200101083617_IMG_4782


そして、本部北部青年部ブログもご覧ください
霊波之光 RHK 和・輪・笑〜wawawa〜