こんにちは(^_^)/
いつも長野礼拝所青年部ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

タコヤキです。

DSC_0024

初夏を満喫しています。
新鮮な空気を吸いながら、風に吹かれて、移ろう季節を愛でる。
生きる喜びってこうゆうことなのかなぁと思います。
写真中央の残雪をかぶる山々は白馬(しろうま)連峰です。
御守護神様が御聖業で登られた白馬岳と五竜岳が含まれています。
夏になっても山頂は雪が残っています。どの季節に登られたのかは不明ですが、過酷であったことは容易に想像出来ます。
この御聖業があったからこそ、我々の救われる道が開かれたのですから感謝ですね。

ちなみに二十と七の岳の内、長野県には10座があります。
白馬岳(しろうまだけ)
五竜岳(ごりゅうだけ)
槍ヶ岳(やりがたけ)
御岳(おんたけ)
木曽駒ヶ岳(きそこまがたけ)
常念岳(じょうねんだけ)
焼岳(やけだけ)
塩見岳(しおみだけ)
聖岳(ひじりだけ)
光岳(てかりだけ)

それから、長野礼拝所の管轄である富山県と石川県と山梨県には合わせて4座あります。
富山県は立山(たてやま)、薬師岳(やくしだけ)
石川県は白山(はくさん)
山梨県は瑞牆山(みずがきやま)

御聖業の山々の半分は長野礼拝所とゆかりがあるんです。(`・ω´・)ドヤッ!

タコヤキのブログでは御書をよく引用します。
御書を読ませようと誘導します。
これは、御書を読む事が御教えだからです。

世の人々は、霊魂の浄化を一日も早くはかり、神の実在を否定する前に、心眼を開いて、じっと、この神の御声による「御書」を読むがよい。
神の法雨を受ければ、必ず「涙雨転じて幸せへの道」が開かれると、人々は大声をあげて叫ばずにはいられないだろう。
幸せになるか、不幸せになるか。幸、不幸の分かれ道は、人々の目前にある。救いの神は「宇宙神」だた一つである。
※御書90ページ

今週もプラモ紹介させてください。
大日本帝国海軍 駆逐艦 島風です。
DSC_0036
DSC_0031

セーラー服の女の子は何だって?
島風ですが、なにか?

タコヤキが、ぐっときたブログを紹介します。ぜひご覧ください