こんばんは
長野礼拝所青年部ブログをご覧いただき、ありがとうございます
コハルです

新メンバー、さるかにさんが仲間入りしましたね
これで、ほぼ毎日誰かしら担当メンバーができました
そして、毎週でないメンバーもいますよ
いつでも更新お待ちしていますよ


そして、明日はコハルの大好きな祖父のお誕生日
ということで、今回は祖父のお話をさせていただきます

コハルの家は、母がおつながりしましたが、
祖父母の家の階段に金粉現象を何度もいただいたり、たくさんの体験を目の当たりにしたことで、祖父母もあゆんでくれるようになりました


そして、祖父は、コハルが一番尊敬する人なのです

大学受験に向け、高校時代に小論文練習で『尊敬する人』というテーマの時に、祖父のことを書いて珍しいと褒められたほどです(笑)


なぜ尊敬しているかというと。。。


コハルは、祖父の怒ったところを見たことがありません

冬でも扉をしっかり閉めなくて祖母に怒られたり、
醤油をかけすぎて祖母に怒られたり…しているところは見たことがあるのですが…笑

それでも、祖父は言い返す訳でもなく、気にしている感じもなく…
「あいあいあい(はいはい)」と言いながら、受け流しているのです

私たちが子どもの頃、毎週末のように祖父母宅へ泊まりに行っていたので、うるさかったり迷惑をかけたこともあったかと思いますが、
一度も怒られたことがありません


そして、祖父は(これは祖母もなのですが)、『人のために』がすごくできる人なのです

共働きで農家もやっていて忙しかったでしょうに、
とても働き者で、
人が困りそうな時に気をまわして先にやってくれたり、
(ex:お茶碗を用意、片付けする、ごみ捨て、お茶をくんだり、お酌する、)
育てたお米や野菜を、家族や知り合いだけでなく、私の友人にまで「これ持ってき」と、くれるのです

御教えがもともと出来ている素晴らしい方だと思います


そんな祖父は、以前血液検査で数値が高く、前立腺がんと言われ、大学病院で精密検査をするように言われました

しかし、大学病院に行く前に、新潟礼拝所でのご奉仕があり(当時長野は新潟礼拝所管轄でした)
躊躇うことなくご奉仕に参加しました。

その後大学病院を受診すると、数値が下がっているので、前立腺がんは、疑いとなり、薬を半年飲むだけで済むという御慈愛をいただきました

素直にあゆむ祖父だからこそ、御守りいただけたのだと思いました


明日で88歳になる祖父。。
子どもも好きなようで、
ひ孫が来るととても優しい顔で話しかけてくれます

まだまだ畑仕事に家のことにと働き者のおじいちゃん

いつまでも元気でいてほしいです


ちなみに祖母は、何名もの方をお導きしている生涯現役であゆんでいる方です


そんな素敵な二人の姿を見習い、コハルも怒らずに、もっともっと、人のために動けるような人になります



20200615_112458


そんな祖父母の家のわんこは、川に入るのが大好きです



本日のブログ紹介は、札幌支部です!

RHK SAPPORO wai wai ふれあいと〜く


健康で過ごせること、本当に感謝ですね


今日も素敵な一日をありがとうございました
明日もよろしくお願いいたします


長文お読みいただき、ありがとうございました